Skip to content

看護方式の1つチームナーシングとは

病棟の壁の張り紙に、ベッド数や看護師の人数などが記載されているものを見たことがあると思います。記載内容に看護体制と書かれていて、チームナーシングと記載されていることがあります。チームナーシングとはこの病棟の看護方式の1つです。チームナーシングとは1つの病棟が2チーム以上に分かれて24時間患者さんのケアを行う方式です。アメリカで始まり、看護師の能力に差が出ないように一定した水準で看護が行えるように発案されたものです。チームリーダーを筆頭に連携をとって看護を行います。連携をとることで、チームの一体感がでて、看護師の意欲の向上に繋がりやすいです。何かあればお互いに相談し合えるというメリットが利点です。チームナーシングとはデメリットもあります。患者さんから見ればみんな同じ一人の看護師にみえるところです。担当以外では患者さんの状態が把握しにくいのです。チームナーシングでも、プライマリーチームナーシングが増えているところがあります。入院から退院までの一人の看護師が受け持つプライマリーナーシングとチームナーシングを合わせたものです。受け持ち看護師が看護計画を立案し、実施していきます。一人の看護師に責任は大きく、質の高いケアが要求されます。深くかかわることにより患者さんとの信頼関係を築くことができます。チームナーシングとはいずれもチームで連携をとって看護を行いますので、相談を行いやすく新人看護師の方には、お勧めの環境です。

チームナーシングの研修について

チームナーシングの研修の内容は経験年数、チームでの立場、医療機関の考え方、診療科によって全く違います。但し、そのチームでリーダーの人間はチームナーシングの研修では他のメンバーの配置やミスやトラブルが発生した時の対応方法、職場のメンタルヘルスについて学びます。チームナーシングの研修ではそれぞれが今後の自分の課題や修正ポイントを把握し、それを現実の仕事につなげられるようにする事です。この場面ではこれまでのふりかえりをしっかりと行い、今後のチームナーシングを行う時の参考にします。チームで業務を行っているとスタッフ同士の人間関係が悪くなり、患者のケアに悪影響をもたらす事があります。この場面ではチームによる活動は患者の健康のために行っている事を再認識させます。患者優先の考えをどこかで確認しておかないと後に大変な事になってしまうおそれがあります。チームナーシングは現場での業務が最も重要です。勉強会等を開催するのは患者、その家族、医療スタッフのすべての健康に悪影響をもたらす感染症が発生した時です。そこで感染症の勉強をします。また、チーム内がぎくしゃくしている時にそれを安定させるために行います。そこに所属するスタッフは患者の事を考えるだけではなく、現在の自分の役割を実現するために必要な事や将来自分がどのような環境の下で勤務しなければならないかをそこで知る事です。問題が生じたらすぐに行う事が大切です。企業ナース求人は超激レア!誰よりも早く押さえる秘訣はコレなどを参考にして待遇の良い企業ナースになる!という手もありますね。

医療を支えるチームナーシングのメリット

重い病気やけがで自分の力では完治できない状態になったときには病院に行き、その病院で継続治療で完治できるようにするために入院することになります。その入院した時の身の回りの世話や軽い治療をしてくれる病院のスタッフ癌越しであり、看護士は入院するすべての患者にとって重要な役割を担っています。しかし入院する患者というのは症状によって重度や軽度に分かれている物が多く、それらをすべて把握して仕事をすることは大変な重労働になります。そこで看護師個人の負担を減らすための方法が確立されているのですが、その中の一つがチームナーシングです。チームナーシングはアメリカで考えられた看護士の仕事方法の一つで、看護士長をトップに組織を作りそのうえで患者を診るという仕組みを取ります。チームナーシングのメリットは、これまでの看護師の仕事は個人が患者の情報を一元管理しそのうえで決められた医療を行うことが通常だったのです。しかしその場合では個人の情報量が多くなりすぎてしまい、その情報を個人がまとめられなくなり入院する患者に適した医療を施せないことがあったのです。そこでチームナーシングのメリットは看護師長をトップに複数名での組織を作り上げることによって、これまで個人だけでまとめていた情報を共有しその情報をチームでまとめられる量だけで患者を診ることによってこれまで個人の努力だったことをチームで分担して行うことで個人にかかる負担を軽減しながら患者にとっても継続した治療が高い水準で行えることがメリットと言えます。

チームナーシングにおける受け持ち患者の意味の違い

病院内で看護業務を行う際は、それぞれの病院で看護方針を立てそれに基づいた看護が行われます。チームナーシングは看護師が協力して看護を行う上で重要な方法です。それぞれの看護師の能力が違っていてもチームリーダーを決めており、リーダーの指導のもとチーム全体でフォローする事ができます。そして結果的には安定して質の良い看護を提供する事ができます。チームナーシングを行う時、日々チームごとに受け持ち患者を設定し、患者の看護を行います。受け持ち患者と看護師のチームは毎日変更します。病棟は基本的には変更がないので、入院当初は戸惑う患者も次第に慣れていきます。一方プライマリーナーシングの考え方は、チームナーシングと違い、受け持ち患者と担当の看護師は入院から退院まで変わりません。この方法は、同じ看護師が担当しているので患者が精神的に安定します。こうする事で看護師は一人の患者の病歴や家族歴などを詳しく知る事ができます。ただしプライマリーナーシングは看護師の個人の力量が問われる看護の方法ですので看護師と患者の性格が合わなかったり、経験の少ない看護師の場合などでは患者が十分に満足する看護ができない可能性もあります。この事を考えるとチームナーシングはより質の良い患者が満足する看護と言えます。また、チームリーダーのもとで働くので、経験の少ない看護師の良い研鑽の場所として職場が存在し、働きながら看護の質を高めていける場所になり得るとも言えます。

チームナーシングの欠点について

チームナーシングとは看護方式のひとつです。ひとつの病棟を2つ以上のチームに分け、チーム単位で一定の患者のケアを行っていく方式です。新人やベテランなど能力に差がある中で一定水準の看護ケアを提供するために考えられました。そんなチームナーシングにも欠点がいくつかあります。まずはチーム以外の患者の把握がしにくいことがあげられます。同じ病棟であっても担当チームの患者の情報はあまり入ってこない事が多いのでいざというとき対応しにくいことがあります。次にチームリーダーの能力がチームに大きく影響することです。チームリーダーにチームをまとめる能力がないとチームはまとまらず患者に質の高いケアを提供することが難しくなります。また、チームメンバーを効率的に動かさなければならならず、メンバーのサポートもしなければならないため、チームリーダーの負担は大きくなってしまうことも欠点であると言えます。さらにチームナーシングはチームで患者をケアするため、患者からするとどの看護師が自分の担当なのか解りづらいことも欠点としてあげられます。患者からするとどの看護師に相談すれば良いのか分からず安心できないということがあります。チームナーシング以外にもプライマリーナーシングやモジュールナーシングなどがありますが、それぞれ特徴があり、良い部分と良くない部分があります。しかし大切なのは患者により良いケアを提供する事です。どの方式を採用しもその事を忘れずにいてほしいです。

病棟を看護するチームナーシングの意味

病院の病棟で患者をケアする方法としてプライマリーナーシングとチームナーシングという言葉があります。このチームナーシングは、どのような意味をもつ看護方式なのでしょうか?その名の通りチームで患者をケアするという看護の方法なのですが、一つの病棟を二つ以上のチームに分けそれぞれを看護能力などに合わせて編成されたチームで看護していくという方法になります。この看護方式は、看護師の能力の差があっても、それを同じチームの人で補うことによって、ある程度の水準を保ったまま患者のケアを行っていけるというところに大きな意味があります。新人看護師が患者を観察していても必ず見落としているところやケアしきれていないところもあるはずです。そういったところを次の勤務の申し送りでベテラン看護師に送った場合には、その看護師がフォローすることが可能です。また新人看護師にそこで指導をすることもできるのです。そういった点で、チームナーシングには教育的にも大きな意味があるのです。また反対に注意しなくてはいけないこともあります。チームにいるいろいろな看護師がかかわるので、申し送りをしっかりしなくてはいけないということです。またケアを統一して行うためには、皆で統一した認識を持ってかかわることも大切ですね。またチームにはリーダーが存在します。そのリーダーが中心となって、うまく統率していくことが大切です。リーダーにかかる責任も大きなものになってきます。